吉祥寺ハバカ〜るおすすめ夏野菜のカレーゴーヤの栄養素

query_builder 2020/08/09
ブログ
カレー
おはようございます吉祥寺ハバカ〜る。さくらぎです。
本日三連休の真ん中日曜日も頑張って営業しております。
ハバカ〜るには夏野菜のカレーにゴーヤもあります。
苦手な人も多いかもしれませんがゴーヤにはさまざまな栄養成分が含まれており、健康的な食生活を送っていくうえでもおすすめの食材です。

100gあたりには以下のような栄養成分が含まれています。
・ビタミンC 76mg
・鉄分 0.4mg
・食物繊維 2.6g
・カリウム 260mg その他にも、ナトリウムやカルシウム、リン、マグネシウム、カロテン、たんぱく質といった栄養成分も豊富に含まれており、健康のサポートに役立つ優れた食材です。
毎日の食生活で不足しがちな栄養を多く含む、バランスのとれた野菜といえるでしょう。
抗酸化作用も!ゴーヤの効能
健康な体づくりに欠かせない栄養がたっぷり入った野菜、ゴーヤ。
ゴーヤが持つ豊富な栄養成分には、健康や美容の側面からも注目されている抗酸化作用が期待できる成分も含まれています。
ゴーヤに含まれる栄養成分にどのような効能が期待できるのかを解説します。
ビタミンC  ゴーヤに多く含まれているビタミンCは、私たちの体になくてはならない栄養素です。
代表的な効能としては、コラーゲンの生成や鉄分の吸収をサポートする働き、ストレスや風邪などに対する免疫機能の向上が挙げられます。
さらに、ビタミンCは、体内の活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持っているため、美容面からも非常に注目されている成分です。
鉄分 ゴーヤには、鉄分も豊富に含まれています。
私たちの体に必要な鉄分量は微量ですが、その働きは全身に酸素を運ぶ、さまざまなエネルギー代謝にかかわるなど、多岐にわたっています。
鉄分を適度に摂取することで、効率的にエネルギーを産生できるため、疲労回復や免疫機能の向上が期待できるでしょう。
食物繊維 ゴーヤに含まれる食物繊維に期待できる効果効能としては、便通改善を挙げることができます。
ゴーヤは水に溶けにくい不溶性食物繊維を多く含み、水分を吸収して便の容量を増やします。
便の量が増えることでスムーズな排便を促すことができるのです。
また、食物繊維には腸内に溜まったものを体外に排出する働きもあるため、腸内環境の改善にもおすすめの成分です。
カリウム ゴーヤにはカリウムも豊富に含まれています。
カリウムには細胞の浸透圧を調整し、ナトリウムの排出を助ける働きがあります。血圧を下げる成分としても知られています。

この素晴らしい栄養素を持つゴーヤを旬の今食べないわけにはいきませんよね。
吉祥寺ハバカ〜る。お盆中も絶賛営業中です。
是非ともお越しください☺️

NEW

  • 吉祥寺ハバカ〜る。暑い夏にカレーを食べたくなるのはなぜ

    query_builder 2020/09/22
  • 吉祥寺ハバカ〜る。秋の4連休メニュー

    query_builder 2020/09/22
  • 吉祥寺ハバカ〜る。秋の4連休楽しみメニュー

    query_builder 2020/09/21
  • 吉祥寺ハバカ〜る。スマトラのマンデリンコーヒー

    query_builder 2020/09/21
  • 吉祥寺ハバカ〜る。美味しい秋のカレー

    query_builder 2020/09/20

CATEGORY

ARCHIVE